無料ブログはココログ

韓国料理店

韓国語教室

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

둥지

나야나

2016年4月27日 (水)

묻지 마세요

인생

빈잔

2016年4月26日 (火)

韓国【愛国歌】

 

동해물과 백두산이 마르고 닳도록

トンヘムルクァ ペットゥサニ マルゴ タルトロッ

東海と白頭山が乾き磨り減るまで 

하느님이 보우하사 우리 나라 만세

ハヌニミ ポウハサ ウリ ナラ マンセ

神の護り給う我が国 万歳

무궁화 삼천리 화려강산

ムグンファ サンチョルリ ファリョカンサン

むくげ 三千里、華麗な山河

대한사람 대한으로 길이 보전하세

テハンサラン テハヌロ キリ ポジョナセ

大韓人よ 大韓を永久に保全せよ

 

남산 위에  소나무 철갑을 두른 

ナンサン ウィエ チョ ソナム チョルガブル トゥルン ドゥ

南山の上にあの松が鉄の鎧をまとった様に

바람서리 불편함은 우리 기상일세

パランソリ プルピョナムン ウリ  キサギルセ

風霜の変わらないのは我等の気性なり。

무궁화 삼천리 화려강산

ムグンファ サンチョルリ ファリョカンサン

むくげ 三千里、華麗な山河

대한사람 대한으로 길이 보전하세

テハンサラン テハヌロ キリ  ポジョナセ

大韓人よ 大韓を永久に保全せよ

 

가을하늘 공활한데 높고 구름 없이

カウル ハヌル コンファランデ ノコ クルン オッシ

秋空がらんと広く高く雲一つ無く

밝은 달은 우리 가슴 일편 단심일세

パルグン タルン ウリ   カスン イルピョン タンシミルセ

明るい月は私たちの胸に一片丹心なり

무궁화 삼천리 화려강산

ムグンファ サンチョルリ ファリョカンサン

むくげ 三千里、華麗な山河

대한사람 대한으로 길이 보전하세

テハンサラン テハヌロ キリ ポジョナセ

大韓人よ 大韓を永久に保全せよ

 

 기상과  맘으로 충성을 다하여

イ キサンクァ イ マムロ チュングル タハヨ

この気性とこの心で忠誠を尽くして

괴로우나 즐거우나 나라 사랑하세

クェロウナ チュルゴウナ ナラ サランハセ

つらくとも楽しくとも国を愛せ

무궁화 삼천리 화려강산

ムグンファ サンチョルリ ファリョカンサン

むくげ 三千里、華麗な山河

대한사람 대한으로 길이 보전하세

テハンサラン テハヌロ キリ  ポジョナセ

大韓人よ 大韓を永久に保全せよ

2016年4月22日 (金)

情炎

海峡

酔歌 

恋唄

雪列車

2016年4月20日 (水)

噂の女

과수원 길

 

동구 밖 과수원 길 아카시아 꽃이 활짝 폈네

하이얀 꽃 이파리 눈송이처럼 날리네

향긋한 꽃 냄새가 실바람 타고 솔솔 둘이서 말이 없네

얼굴 마주보며 생긋 아카시아 꽃

하얗게 핀 먼 옛날의 과수원 길 과수원 길 -

아빠 힘내세요

 

【아빠 힘내세요】

딩동댕 초인종 소리에얼른 문을 열었더니 그토록 기다리던 아빠가문 앞에 서 계셨죠 너무나 반가워 웃으며 아빠하고 불렀는데 어쩐지 오늘 아빠의 얼굴이 우울해 보이네요. 무슨일이 생겼나요 무슨 걱정 있나요. 마음대로 안되는 일 오늘 있었나요 아빠 힘내세요. 우리가 있잖아요 아빠 힘내세요. 우리가 있어요 딩동댕 초인종 소리에 얼른 문을 열었더니 그토록 기다리던 아빠가 문 앞에 서 계셨죠 너무나 반가워 웃으며 아빠하고 불렀는데 어쩐지 오늘 아빠의 얼굴이 우울해 보이네요. 무슨일이 생겼나요. 무슨 걱정 있나요 마음대로 안되는 일 오늘 있었나요 아빠 힘내세요. 우리가 있잖아요 아빠 힘내세요. 우리가 있어요 힘내세요 (아빠 힘내세요!!)

2016年4月14日 (木)

あきらめないで

カラオケ流し

お前に

2016年4月11日 (月)

백세인생

불효자는 웁니다

태평가

달타령

2016年4月 9日 (土)

물레야

무명초

외로워 마세요

상처

2016年4月 7日 (木)

해바라기

중년「中年」

2016年4月 6日 (水)

강원도 아리랑

2016年4月 5日 (火)

한오백년

나같은 건 없는 건가요.

사모곡

정선아리랑

신고산 타령

2016年4月 1日 (金)

アリラン

韓国の民謡

 
1)アリラン アリラン アラリヨ
アリラン コゲロ ノモォカンダ
ナルゥル ポリゴ カシヌンニムン
シッリド モッカソ パルピョンナンダ

訳)アリラン アリラン アラリヨ
アリラン峠を越えて行く
私を捨てて行かれる方は、
十里も行けずに足が痛む。

2)アリラン アリラン アラリヨ
アリラン コゲロ ノモォカンダ
チョンチョンハヌェン ピョルドマンコ
ウリネカスメン クンドマンタ

訳)アリラン アリラン アラリヨ
アリラン峠を越えて行く
晴れ晴れとした空には星も多く、
我々の胸には夢も多い。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »